クラブ紹介

会長:野口勝弘
クラブスローガン:「進化し つなげよう 感動する未来へ」

この度、第55代会長に就任することとなりました。

バッチを付けたのが5年前と、経験の浅い若輩者であり、
歴史ある「名古屋葵ライオンズクラブ会長」として適任であるとは思っておりませんが、
クラブ諸先輩方のお力を借りしながら、
この1年、誠心誠意当クラブの発展に努めて参ります。

[進化し つなげよう 感動する未来へ] を、
今期のクラブスローガンとし、「変化」していく社会に対し、
地域にマッチングした施策や方向性を見据え、
地域社会の求める奉仕活動を行い、楽しみ・感動する奉仕活動の中で、
「発展」「継続」するよう進め次へと繋いでいきたいと考えております。

又、2019年度は、
ゾーン・チェアパーソン及びマーケティングコミュニュケーション委員選出クラブでもあり、
リーダー的なクラブ運営と、来期(CN55)にバトンタッチできるよう、
メンバー一丸となってクラブの更なる発展を目指していきたいと考えております。
これまでのクラブの歴史を築き上げて来られた諸先輩方に改めて感謝の意を表するとともに、
今後とも皆様方の温かいご指導、ご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2019年度 会長 野口 勝弘





■主な活動

□環境保全
活動報告写真
長野県大滝村「名古屋市民おんたけ休暇村」への植樹活動:当クラブの「重要行事」です。名古屋市民の市民の飲料水の源である木曽御嶽の針葉樹林から保水力のある広葉樹に切り替える植樹活動は2005年より王滝村・おんたけ市民休暇村・名古屋市経済局・名古屋葵ライオンズクラブの共同事業として市民のご協力のもと本年10年目となりました。植樹面積:約6.000㎡・植樹本数:約1.700人。又、伐採した針葉樹(カラマツ)の再利用する炭燃窯も寄付致しました。

 

□「社会福祉」活動
活動報告写真
「名古屋東山動植物園」にセニアカー5台 徳川園へ長椅子3脚 贈呈 全国友好葵ライオンズ名古屋大会の合同記念事業として高齢者の方が心豊かに見学できる様、名古屋市東山動植物園にセニアカー5台、徳川園に長椅子3脚を2014年9月10日贈呈致しました。
活動報告写真
「南区老人福祉大会」における「桜台高校からマフラー贈呈式」名古屋葵ライオンズクラブは34年に亘り、桜台高校が手作りで南区の独居老人に贈呈してるマフラーの材料費を支援しており、毎年「南区老人福祉大会」に於ける贈呈式にて南区長より感謝状を頂いております。・巾着袋 638個・ショール 682枚・マフラー2,333枚
活動報告写真
ライオンズクラブ国際大会協会334-A地区7R1Zアクティビティ「チャリティーボーリング大会」を2014年4月6日(日)名古屋グランドボウルにて350名の参加者を得て実施し、義捐金約46万円を中部盲導犬協会に寄付しました。
活動報告写真
「児童養護施設の生徒に本格的「和洋中華料理」和・洋・中華の料理長はじめ愛知県調理師会との協力で「食育」で子ども達の健やかな成長を願い一流の料理を堪能していただき笑顔に希望をみた。

 

□「献眼・献腎・献血・骨髄移植推進・聴覚」活動
活動報告写真
名古屋葵ライオンズクラブは長年献血活動を推進しており5月・11月の年2回アピタ名古屋南店駐車場にて日本赤十字社に協力し、皆様に献血の協力依頼の奉仕活動を行っております。
活動報告写真
薬害乱用防止教室の開講学生高学年及び中学生を対象に「薬害乱用防止教育講師認定」資格(ライオンズクラブ国際協会並びに財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センター認定)を持つライオンズクラブ会員が薬物乱用の恐ろしさを講習しています。

ライオンズ  We Serve 「われわれは奉仕する」

L iberty・I ntelligence・O ur・Natio's・S afety 「自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる」